Twitch・YouTube 配信 BGM 著作権

例えば Twitch では、配信時にBGMとして音楽を流すと、

・配信時はOKでも、

・録画された動画(以下、VOD)には、チェックスキャンが入り、

・BGMで著作権にひっかかった場合、

・30分単位で VODの音声がミュートされる、

という仕様。

 

 

そこで、配信もVODも、BGMを残したい場合は、

無料なら、

・Twitch の楽曲ライブラリを使う。

・YouTube のオーディオライブラリを使う。

 

有料なら、

・monstercat でクリエイターライセンスを購入する。

・artlist でライセンスを購入する。

 

という感じだろうか。(2018.5.5 時点)

◎参考にさせて頂いたWEBサイト

 

 

ひとつひとついきますね。




Twitch の楽曲ライブラリを使う。

これは、Twitch の配信において、著作権がクリアになっているプレイリストが公開されており、Spotify と連携して、配信時に使えるようになっている。

詳しくは、ほかのWEBサイトで確認頂いた方が早いかと。

参考にさせて頂いたWEBサイト

 

 

YouTube のオーディオライブラリを使う。

これは、YouTube のクリエイターにサービスとして提供されている無料の楽曲で、YouTubeに限らず無料で利用できる。

ただし、要注意として、帰属権表示が必要なものがあるので、その際は、必ず利用している旨を表明する必要がある。(動画に帰属権表示をオーバーレイさせておく等)

 

ひとつひとつ聞いて、ダウンロードして、自分でプレイリスト作って、BGM とする。

工程多い、、、と思いたいところですが、結構なクオリティの楽曲を無料でどこでも使えるのは、本当に感謝しかありません(-人-)

ちなみに、私の配信での、オープニングとエンディングは、ここから使わせて頂いています。

 




monstercat でクリエイターライセンスを購入する。

artlist でライセンスを購入する。

これらは、レーベルです。

・月額、年額の商用ライセンスを購入する事で、

・著作権をクリアした状態で、

・提供された楽曲を、

・BGMとして配信に使えます。

という感じですね。

 

費用は、

・monstercat: YouTube 月額 $10、Twitch・Mixer 月額 $5 。

・Artlist.io:年額 $199 。

 

詳しくは、ほかのWEBサイトで確認頂いた方が早いかと。

◎参考にさせて頂いたWEBサイト

 

 

 

以上。読んでくれてありがと。

 

 

ファミコン世代。ドラクエⅢとファミコン通信(主に桜玉吉先生)が礎。ゲーム、音楽、映画、漫画、小説、コミュニティ、飲み食い、が好物。 YouTube と Twtich でライブ配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top