今日のアニメ短評|魔王城でおやすみ|すべてが、ゆるく、ふわふわ軽く、死する事すら、とても軽い。

レビュー

Amazonプライムで配信されていたので拝見。

Amazon.co.jp: 魔王城でおやすみを観る | Prime Video

要はコメディ・ギャグなんだけど、
「魔王城にさらわれた姫が、安眠する為なら手段は問わない」というネタひとつだけで、とりあえず4話まで飽きずに見ていられているのが、この作品の素晴らしいところだろう。

ショートショートで話が進み、テンポも良く、不快な違和感もなく、楽しく見れる。

コミックは、2020年10月16日に、最新刊「16巻」が発売されたようですが、ネタひとつで、これだけの話数を出せる企画力が素晴らしい。

このアニメは気に入った。と思ったのは、1話目に出てくるクマのぬいぐるみのような、使い魔が出てきたシーン。

クマの使い魔と、姫のやり取り|クマが牢屋の鍵をいそいそと持ってくるシーンからの、そのせいで、おばけふろしきが無残な状況になる、一連の流れを是非見て頂きたい。

このアニメの軽妙さが、とてもよく出ています。
すべてが、ゆるく、ふわふわ軽く、死する事すら、とても軽い。

ネタ一本で、どんな話が展開するのか、今後も楽しみ。

参考資料

TVアニメ『魔王城でおやすみ』公式サイト

魔王城でおやすみ – Wikipedia

WEBサンデー|魔王城でおやすみ

PV第1弾

出典|TVアニメ『魔王城でおやすみ』公式サイト|2020年10月26日確認|https://maoujo-anime.com/

Tokuma

ゲーム情報サイト「PlayedCODE.net 」管理人。ハクスラ、トレハン、RPG 好きゲーマー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA