ローグライクとタワーディフェンスのミックス|Dungeon of the Endless

SF ダンジョン ローグライク。

日本で、ローグライクの1つとして有名なのは、不思議のダンジョンシリーズの、トルネコ、風来のシレンだろうか。

ローグライクにも色んな種類があるけれど、
基本的に、
①ランダム生成ダンジョン(潜る度に形を変える)
②ターン制の戦闘システム
③死んだらゲームオーバー
④リソース管理(食料や資源など)
みたいな要素が入っている。

ローグライク|Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

Dungeon of the Endless は、次の部屋に進む毎に、1ターン進み、1ターン進むと、敵のラッシュが来る。

つまり、1ターン毎に敵のラッシュが来る、タワーディフェンスの要素が入っている。

これが秀逸(笑)

ただ、個人的に惜しいのは、数時間程度でクリア(脱出)は出来るけど、強くてニューゲームが無い。

育てたキャラクター、設備の研究内容が、ゲームを進めるたびにイチからだから、始めるたびに少々さびしい気持ちになる(笑)

常にイチからスタートも面白いのだけれど、無限に育っていく楽しみが無いので、強くてニューゲームできるモードも欲しかったなぁ。

まぁでも、面白いね。お安いし(笑)

ライブ配信した動画も、良かったら見てくださいませ。

読んでくれてありがとう。

ファミコン世代。ドラクエⅢとファミコン通信(主に桜玉吉先生)が礎。ゲーム、音楽、映画、漫画、小説、コミュニティ、飲み食い、が好物。 YouTube と Twtich でライブ配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top