なぜゲームをするのか。さぁリフレッシュしていこ。

なぜゲームをするのか。さぁリフレッシュしていこ。

ゲームを楽しくプレイするための私的日記です。

◎目次

①「はじめに結論を」
②「ゲームをする」=「コミュニケーションをとる」
③「ゲームオーバーとエンディング」
④「優劣の紛争」
⑤「大切にしている基準」
⑥「伝達手法はそれほど価値は無さそう」
⑦「独りでは何も共有できないですから」
⑧「だからゲームをします」

 

①「はじめに結論を」

なぜゲームをするのか。

私は「偏見を超えて」コミュニケーションする為、
だと思っています。

だから、私の目標は、
・心地よく楽しく建設的にコミュニケーションがとれるコミュニティを作ること。
・私や誰かが居なくても、そのコミュニティがずっと存続すること。
です。

・目的は「全てをリフレッシュしていく為に」です。

 

②「ゲームをする」=「コミュニケーションをとる」

昔から、コンピューターゲームに限らず、
ゲームはたくさんあります。
(カード、ボード、スポーツ、鬼ごっこなどの遊びも含まれますかね)

ゲームは、
・人種・言語・性別・年齢・立場・事情に関わらず、
・1つのステージで、
・コミュニケーションをとれる方法だと思っています。

つまり、
・「偏見を超えて」コミュニケーションがとれる、
・方法の1つとして、
・ゲームは在る、と思うのです。
(他の方法は、学問や、音楽、文学、演劇、創作活動全般、いわゆる作品に関係するもの、が思いつきました)

「ゲームをする」=「コミュニケーションをとる」ことは、
・誰かと、もしくは、誰かの気持ちを、
・共有したい行為なのかなと。

テレビゲームにおいての
・シングルプレイは、
クリエイターさんの思いが詰まった世界を、
・マルチプレイは、それに加えて、
その世界を、誰かと一緒にプレイする体験を、

人種・言語・性別・年齢・立場・事情という、
現実世界のフィルターを通さないで、
共有したいのかな、と思うのです。

 

③「ゲームオーバーとエンディング」

そして、ゲームには、
共有する、最も大切な要素として
「ゲームオーバーやエンディング」があると思います。

人として寿命が尽きる前に
「終了の瞬間」を「体験・共有」する事になります。

この時に「コミュニケーションにおいての品性」が、
最も顕著に出てくるのではないかと思います。

この「終了の瞬間」をどう捉えるのかは、人それぞれだと思います。

・終了したくない人も居るでしょうし、
・終了したい人も居るでしょうし、
・何も感じない人も居るでしょうし、
・もう一度その終了の瞬間を感じたい人も居るでしょう。

・自分が終了したくないのか、
とにかく自分の考えを相手に説明し、教えているという感覚をもちたい人。
・相手を終了させたいのか、
テクニックを上達させ、相手を負かし、優越感にひたる人。
・一緒に終了したいのか、
攻略情報をかき集め、ネタバレ含もうが、相手に言いまくる人。

などなど、
「終了の瞬間」というポイントで、
「優劣」という現実世界に近いフィルターがかかるのでしょうかね。

 

④「優劣の紛争」

この「終了の瞬間」の解釈が、
・人それぞれだからこそ、
・優劣の紛争が起きるポイントなのかな、
と思っています。

では、
・ゲームにおいての優劣の紛争は、
・悪なのか、と言われれば、
・それは NO だと思います。

熱中しているからこそ、優劣の紛争は起きるものだと思います。

ゆずれない気持ちは、悪ではないと思っています。

そもそも、生きている内に、
結果が出るから、ゲームたりえるのだと思います。

あとは、
・その優劣の紛争時に、
・どう自己表現するのか。
・それが人としてとても大切な部分。
だと思っています。

つまり、
「優劣の紛争時における自己表現方法」
=「コミュニケーションにおける品性」
だろうと思うのです。

 

⑤「大切にしている基準」

「コミュニケーションにおける品性」において、
私が大切にしている基準は、
「何が目的か」です。

相手があってのコミュニケーションにも関わらず、
・相手のコメントを軽く扱ったり、
・自分の考えを押し付けたり、
・自己顕示、自己表現だけをしてくる人とは、
・とてもやりづらいと思っています。

・「自分の満足度を満たすことを目的」にゲームプレイしているんだなと、
・思ってしまうからです。

でしたら、他でやってくださいな(笑)と思うのです。

・お互いにコメントをし合い、
・全体状況をより良い結果にする為に、
・結論を決めつけないで、
・相手と一緒に模索しようとする人は、
・「集団の満足度を満たす事を目的」としてゲームプレイしていると思えるので、
・とてもやりやすいです。

是非、今後ともよろしくお願いします!と思います。

 

⑥「伝達手法はそれほど価値は無さそう」

その為、
・上品に話す、ビジネスライクに話す、プレゼンが上手い、など、
・言い方や伝達手法は、
・それほど価値は無さそう。
と思っています。

手法がどうあれ、
・目標が、論破することなら、
・その目的は、自己満足以外の何物でもない、
・誰かとコミュニケーションをとる気が無い、
・一緒により良くしていこうとしていない、
と私は思ってしまうからです。

まぁ、相手の気持ちに立っているぜ、
俺はお前を理解しているぜと、
どれだけアピールされても、
言葉は手法。

品性はにじみ出るものだと思います。

 

⑦「独りでは何も共有できないですから」

私は「集団の満足度を満たす事を目的」とすると、
・長期間継続して、
・自分の満足度「も」満たす事ができる
と思っています。

もちろん優劣紛争はもれなく起きますので、
不満が積み重なる時もありますが、
・そんな不満より「独りで居るストレス」の方を、
・何よりも優先して、改善したいと思うのです。

独りでは何も共有できないですから、
それは「居ないのと区別がつかない」と思っています。

 

⑧「だからゲームをします」

ゲームは、
・偏見を超えて
・誰かとコミュニケーションがとれる、
と思っています。

だからこそ、ゲームをします。

そして、何を目的としてゲームプレイするのか、
同じ気持ちになれる人を、
今後も増やしていきたいと思います。

 

・心地よく楽しく建設的にコミュニケーションがとれるコミュニティを作ること。
・私や誰かが居なくても、そのコミュニティがずっと存続すること。

これが、私の目標です。

・目的は「全てをリフレッシュしていく為に」です。

 

読んでくれてありがとう。

TokumaScore

社会人ゲーマー。YouTubeで同じような趣味趣向の方々と、ゆるりと交流したくゲームのライブ配信をしています(主に 21 時ぐらいからライブ配信)。Diablo、真女神転生、BLAME!、地下、廃墟、閉鎖空間、ダーク、荒廃、エイリアン、SF、ファンタジー、唐揚げに喜びます。

コメントを残す

CAPTCHA